外国送金

戻る

海外の金融機関に送金される場合(仕向送金)

【SMBCダイレクトご利用のお客さま】

【SMBCダイレクト】を利用するメリット!

  • 窓口で送金するよりも送金手数料がお得!
  • 24時間申込OK!
  • 受取人口座の登録が可能!
SMBCダイレクトから24時間、ネットで外国送金が可能 外国送金サービス(SMBCダイレクト)

お申し込み・ご利用条件等はこちら

【店頭窓口をご利用のお客さま】

【店頭窓口での外国送金に関するご注意】

  • 当行では、2019年6月3日(月)より、当行に口座をお持ちでないお客さまの仕向外国送金等の受付を停止いたしました。当行に口座をお持ちのお客さまの仕向外国送金については、法令等に基づくお取引内容の確認を実施のうえ、ご本人さまの口座からの振替により承ります。現金でのお手続きは受付いたしかねますので、ご了承願います。
    当行に口座をお持ちでないお客さまの仕向外国送金等の受付停止に関するお知らせ (PDF:176KB)
  • 外国送金を含めた外為関連業務について一部店舗での取り扱いを終了いたしました。
    取扱店舗については、下記の「外為業務受付可能店舗一覧」をご覧ください。
    外為業務受付可能店舗一覧 (PDF:417KB)
    お近くの店舗を探す

お取り扱い可能な主要通貨

日本円

日本円

米ドル

米ドル

ユーロ

ユーロ

英ポンド

英ポンド

スイスフラン

スイスフラン

カナダドル

カナダドル

海外送金手数料

(消費税は非課税)

  SMBCダイレクト 店頭窓口
当行海外支店/現地法人/連携銀行あて 3,000円/件 3,500円/件
海外他行あて 3,500円/件 4,000円/件
  • 同一通貨間のお取引の場合には、リフティングチャージまたは円為替取扱手数料がかかります。
  • 受取人取引銀行または送金の経由銀行で発生する手数料を依頼人負担とする場合は関係銀行手数料がかかります。
  • 受取人取引銀行または送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求させていただきます。

詳細はこちら(PDF:96KB)

ご来店時にご用意いただくもの

【必要な持ち物】

本人確認書類 お客さまのお名前、生年月日、現住所が記載されている公的な書類
(例)運転免許証、パスポート、在留カード(提示日において有効なもの)
個人番号(マイナンバー)・法人番号を確認できる書類 (例)個人番号カード(マイナンバーカード)、通知カード(個人番号の記載があるもの)
法人番号指定通知書(写)
送金資金・諸手数料のお支払いにかかるもの 通帳、お届け印
取引の詳細を確認するための書類

送金資金の原資・送金目的・取引背景等、取引の詳細を確認できる書類をご提示いただく場合がございます。
(例)

  • 原資:通帳、給与明細、契約書、等
  • 送金目的:商業送り状(INVOICE)、請求書、等
  • お受取人との関係:ご親族の場合、戸籍謄本、婚姻証明書、出生証明書、等

詳細はこちら(PDF:198KB)

【必要な情報】

お受取人・お受取人取引銀行の情報 お受取人住所:国名、都市名・州名(米国の場合)/省名(中国の場合)
お受取人取引銀行:銀行名、支店名、所在地(国名、都市名・州名・省名)、口座番号
特定の国・地域で必要となるコード お受取人の取引銀行・支店等を特定するコード:SWIFT(BIC)、IBAN、ABA No.等
ご送金目的 具体的な送金目的を外国送金依頼書に英語でご記載いただきます。
貿易の場合は「商品名、原産地、船積地域、最終目的地」が必要です。

<マイナンバー制度について>
海外への外国送金に関しては、個人番号(マイナンバー)・法人番号を原則お客さまに告知いただく必要があります。お客さまから個人番号(マイナンバー)・法人番号を確認させていただいていない場合に、お届出書の提出をお願いしています。ご理解、ご協力くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
くわしくは、「マイナンバー制度について」をご確認ください。

  • 「マネー・ローンダリング防止」「テロ資金供与防止」「経済制裁」への対応について
  • マネー・ローンダリングやテロリストへの資金供与の未然防止、各種経済制裁措置への対応は、国際社会におけるテロ等の脅威が増す中で、ますます重要となっています。当行におきましても、関係法令やその趣旨を踏まえ、お取引の背景や原資、詳細等をお伺いするほか、お取引に関する契約書等を確認させていただくことがあります。何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

      • ご依頼人、ご来店者さまの本人確認書類のご提示をお願いすることがあります。
      • ご依頼人さまの職業や事業内容、お取引の目的詳細や受取人さまとのご関係、受取人さまの生年月日や国籍等を確認させていただくことがあります。
      • 送金資金の原資に関し、その内容を証明する書類を確認させていただくことがあります。
      • お客さまよりお伺いした内容やご提出いただいた書類については、原則、記録もしくは写しをいただきます。
      • 当行からの依頼にご対応いただけない場合や、確認させていただいた内容によっては、お手続をお断りさせていただくことがありますので、ご了承ください。
    <仕向外国送金にかかる法規制>
    <金融庁からのおしらせ>
    金融機関窓口などでの取引時の情報提供にご協力ください

海外の金融機関から受け取る場合(被仕向送金)

  • 海外から送金を受けられる場合、円貨普通預金または外貨普通預金を指定してお受け取りいただくことができます。

手数料(消費税は非課税)

海外の金融機関から送金を受け取られる場合、以下の手数料がかかります。

  • 円貨建てで送金され、円預金で受け取る場合
  • 以下の2つの手数料が必要となります。

    1. 1.被仕向送金手数料 1,500円
    2. 2.円為替取扱手数料 送金金額の1/20%(0.05%、最低2,500円)
  • 外貨建てで送金され、円預金で受け取る場合
  • 以下の手数料が必要となります。

    被仕向送金手数料 1,500円
    (円預金への入金円貨額は、入金日の当行所定の外国為替相場を適用し換算いたします)

  • 外貨建てで送金され、外貨預金で受け取る場合
  • 以下の2つの手数料が必要となります。

    1. 1.被仕向送金手数料 1,500円
    2. 2.リフティングチャージ 送金金額の1/20%(最低2,500円、または25米ドル)
      (円預金より別途手数料を頂戴するため、手数料引落依頼書などのご提出が必要となります。)
  • お手続の方法により手数料が異なりますので、詳細はお取引店にお問合わせください。

送金時に必要な情報

送金手続時には以下の情報が必要となりますので、送金依頼人さまへご連絡ください。

  1. (1)受取人取引銀行名(SWIFTコード)、支店名、支店住所
  2. 受取人取引銀行名:SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION
    (SWIFTコード:SMBCJPJT)

    受取人取引支店名: ○○○○ BRANCH

    受取人取引支店住所:
    (例=東京営業部:1-1-2 MARUNOUCHI CHIYODA-KU TOKYO JAPAN 100-0005
    お取引店名および住所の英文名表記は店舗のご案内でご確認ください。)

  • 海外の金融機関から日本国内へ送金される場合、AWB番号、Routing番号、ABA、IBAN、SORTなどは特に必要ございません。
  1. (2)受取人口座名義、店番号、口座番号、住所、電話番号
  2. 受取人口座名義:名(ファーストネーム) 姓(ファミリーネーム)
    (例:若草 太郎 = TARO WAKAKUSA)

    店番号−口座番号
    (表示:ACCOUNT NO.○○○−○○○○○○)

    住所:(例=〒100-0000 東京都○○区△△△1-1-1:1-1-1 △△△ ○○-KU TOKYO JAPAN 100-0000)

外国送金お受取時の取扱

  • 入金と到着案内
  • 送金銀行の指定するお客さまの口座へ入金し、お届けの住所へ計算書を郵送します。入金の前に電話等でのご案内は原則行いませんので、ご了承ください。ただし、送金の内容や金額などによっては、当行の判断により、お届けの電話番号または住所へご連絡させていただく場合もあります。また、送金依頼銀行に対して、入金状況、入金日時、到着案内記載の送金額を伝える場合があります。

  • 外貨建送金のお取扱
  • 送金銀行が指定するお客さまの口座が円預金口座の場合、入金日の当行所定のレートを適用して換算した円貨額を入金します。入金時の適用相場は、外国為替情報の主要外国為替相場のお知らせから「公表相場一覧」をご覧ください。

    <外貨での受取を希望される場合>
    送金通貨と同一通貨の外貨預金を受取人口座番号にご指定いただくようお客さまから送金依頼人にお願いしてください。
  • 「マネー・ローンダリング防止」「テロ資金供与防止」「経済制裁」への対応について
  • マネー・ローンダリングやテロリストへの資金供与の未然防止、各種経済制裁措置への対応は、国際社会におけるテロ等の脅威が増す中で、ますます重要となっています。当行におきましても、関係法令やその趣旨を踏まえ、お取引の背景や詳細等をお伺いするほか、お取引に関する契約書等を確認させていただくことがあります。何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

      • ご依頼人さまの生年月日・国籍やお取引の目的詳細、受取人さまとのご関係を確認させていただくことがあります。
      • 送金目的に関し、その内容を証明する書類を確認させていただくことがあります。
      • お客さまよりお伺いした内容やご提出いただいた書類については、原則、記録もしくは写しをいただきます。
      • 当行からの依頼にご対応いただけない場合や、連絡がつかない場合、確認させていただいた内容によっては、ご入金をお断りさせていただくことがありますので、ご了承ください。
    <被仕向外国送金にかかる法規制>
      • 「外国為替及び外国貿易法」への対応について
      • 内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律における国外送金等に基づくご本人確認、調書提出制度
      • 米国財務省外国資産管理室(OFAC)による取引禁止・資産凍結措置(米国OFAC規制)
    <金融庁からのおしらせ>
    金融機関窓口などでの取引時の情報提供にご協力ください

<マイナンバー制度について>
海外からの外国送金に関しては、個人番号(マイナンバー)・法人番号を原則お客さまに告知いただく必要があります。お客さまから個人番号(マイナンバー)・法人番号を確認させていただいていない場合に、お届出書の提出をお願いしています。ご理解、ご協力くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
くわしくは、「マイナンバー制度について」をご確認ください。